開業がしやすいフランチャイズ【未経験でも始められる】
開業がしやすいフランチャイズ【未経験でも始められる】

開業する際に必要な資格の種類~不動産担保ローンで資金を確保~

飲食店を開業するにあたって必要となる資格とは

笑顔の男女

お客さんに料理を提供する飲食店では、サービス業とは異なり提供する料理の衛生管理などの責任が生じます。責任ある仕事につきものなのが資格。飲食店経営で取得しなければならない資格とは、どのようなものでしょうか?

飲食店開業に調理師免許は不要!その代わり必要となる資格とは

食品衛生責任者
料理を提供する飲食店であれば、調理師免許は必ず必要だと多くの人は考えます。しかし、調理師免許はあくまで調理をする人の腕前を証明するための資格であり、飲食店経営を行なう上で必ずこの調理師免許を持つ人が必要だというわけではないのです。飲食店経営において必須となる資格は、食品衛生管理者の資格です。お客さんが安全に食事をできるよう、店舗の殺菌消毒や食材管理の状況などをしっかりチェックできる資格となります。各店舗に必ず1人は在籍してなければならないと義務付けられているため、開店前にしっかりこの資格は取得しておきましょう。資格取得をするには、各都道府県が行なっている講習に参加する必要があります。
防火管理者
防火管理者とは、火災によって店舗だけでなくお店の中のお客さんに被害が及ばないように、火災の要因の排除と予防管理を行なうための資格です。電気配線やコンロのガスホースの点検など、火災が起こりやすい場所の整備や定期点検のほか、火災報知器の点検、避難経路の確保といった建物の設備の管理を行ないます。従業員やお客さんを合算して30人以上となる飲食店では取得が必須となる資格であり、店舗面積が300平米以上なら甲種、それ未満であれば乙種の資格が必要となります。資格を取得するには、各地域の消防署で行なわれる講習を受けなければなりません。

飲食店を経営するにあたり気になること

アルコールを提供する場合には資格や許可は必要ありませんか?
居酒屋など、深夜0時にお酒を提供するお店の場合、「深夜酒類提供飲食店営業許可」を申請しなければなりません。営業を開始する10日前までに必ず警察署へ届け出を提出しなければならないのです。お酒を一切提供していない飲食中心のお店であれば、深夜0時以降まで営業をしていても届け出は必要ありません。しかし、メニューにお酒が含まれており、なおかつ深夜0時まで開店していた場合、この届け出がなければ50万円以下の罰金刑に処させる恐れがあるため注意しましょう。また、お酒を小売で販売する場合、別途で酒類販売業免許の取得が必要となります。

起業アドバイザーの利用も効果的です

上記の資格や免許の取得以外にも、店舗の開業をする時は雇用手続きや加盟店の契約なども行なう必要があります。オーナー1人だけですべて対応するのは時間も掛かる上、加盟店との契約内容の精査などの慎重な判断も要求されるため、対応が非常に困難となります。こうした状況で頼りになるのが、起業アドバイザーです。開店前に立地条件や各種手続きの申請、契約の精査などを一緒に行なってくれるので、経営の負担が軽減します。また、経験豊富なアドバイザーから意見をもらうことで、経営上の失敗も回避することができるでしょう。

飲食店でもジャンルはさまざま~人気の高いサービスとは~

開店して半年の間は、経営の不安定さによってまともに収益が得られない日が続きます。しかし、多くの人から需要が高い「ジャンル」のお店を開くことで、開業してすぐに高い利益を獲得することができるのです。

圧倒的に人気が高いのが「丼もの」

多くの人から支持されているジャンルの料理といえば、丼ものが挙げられます。注文してすぐに料理が出される速さに加え、ファーストフード店とは異なりガッツリお腹に溜まるという点が魅力です。ラーメン店に比べて競争率も低いので、どの地域でも乱立しているラーメン店の影響を受けずに済むところも利点でしょう。開業資金は比較的安く、研修期間の短さやオーナーの自由度の高さなど、フランチャイズ経営をする上での魅力も多くあります。

丼ものを選択する強みとは

多くの人に愛される海鮮系は流行に左右されない強みがある
丼もののお店の中でも、コンスタントに利益が得られるのが海鮮丼系のお店です。牛丼などの肉をメインにした丼ものも人気ですが、海鮮系のお店は若者だけでなく、年齢が高い層からも支持されるため、たくさんのお客さんが訪れてくれるのです。鮮度が命となる海鮮系ですので、食材の管理費用や店舗へ配送するまでの時間、毎日市場へ買い出しをする手間や費用が掛かりますが、牛丼などのお店と比べて競争率が低いため、開店することで高い利益が得られることが見込めます。
2020年を見据えると和食がポイントとなる?
日本食糧新聞は、2014年に興味深い内容の記事を掲載しました。2020年の東京五輪を見据え、和食をユネスコ無形文化遺産に登録する動きがあるというのです。オリンピックではたくさんの訪日外国人の数が見込めるため、それに合わせてユネスコ登録という話題性から和食文化を世界に広める、いわば景気浮揚策の1つと考えられます。海鮮系の丼の店を開店すれば、ヘルシーな和食に興味がある外国人にも多く受け入れられます。また、ユネスコに無事登録し、和食の認知度が高まれば、今後ますます増えると予想される外国人観光客も多く訪れるようになるでしょう。海鮮系の丼ものの店は、こうした将来的な展望も見込めるジャンルといえるのです。

事業説明会に参加することで有益な情報が手に入る

フランチャイズ経営でお店を開業するなら、事前にフランチャイズ事業説明会やセミナーに参加するとよいでしょう。フランチャイズに関する情報はネットを利用することで手軽に得ることはできます。しかし、ネットに記載されているような内容は、フランチャイズのごく基本的な部分のみです。フランチャイズ本店の貴重な情報やノウハウといった、他の企業には知らせられない情報については、事業説明会やセミナーでなければ得ることはできないのです。説明会のメリットは、講師となる人からわかりやすい内容が聞けるほか、実際にフランチャイズ契約をしているオーナーの話を聞けることも挙げられます。フランチャイズ経営における苦労話や、事前に知っておきたい耳寄り情報などを聞けるチャンスとなるため、開業する前に一度は必ず参加しましょう。

TOPボタン