開業がしやすいフランチャイズ【未経験でも始められる】
開業がしやすいフランチャイズ【未経験でも始められる】

店舗開業に必要な融資~融資先を上手に選んで開業資金をゲット~

【新規参入】フランチャイズを考えるなら飲食業がおすすめ

会社勤めのサラリーマンの多くが一度は夢見るのが、自分のお店を持つことでしょう。ノルマや成績、業務の日数などを気にせず、のんびりと自分の趣味のお店を経営するのは魅力的です。しかし、お店を開くとなると心配になるのが資金繰りや経営ノウハウ。しかし、この2つの問題を同時に解決できるのが、「フランチャイズ」による店舗の経営です。

フランチャイズが勧められる理由とは

未経験でも参入しやすい
フランチャイズがおすすめできる理由の一つとして、お店のサービス内容が全く未経験でも参入ができるという点にあります。飲食店などのお店を構えるとなると、多くの人は長年そのお店で働いて腕を磨き、やがて系列店を任されるようになる「のれん分け」のように店を開店すると考えます。しかし、フランチャイズ店を経営する場合、そのような長い下積みをせずに店舗を運営できるのです。
経営ノウハウの指導が受けられる
例え未経験で参入できたとしても、どのようにお店の経営をすればよいかわからない場合、どうしようもありません。そこで、フランチャイズではこうした経営ノウハウを一から学べる指導を受けられます。お店の経営をする上で必要となるのは、食材などの仕入れ先の確保・接客方法・お店の広告活動・売上と支出の計算管理と改善努力などが挙げられます。お店を経営するとなると、利益と経費のバランスを保つことが非常にシビアとなるため、素人では経営をすることは難しいように思えます。しかし、フランチャイズ契約を結べば、直営店などで講習を受けることで、経営方法について深く学ぶことができるでしょう。
独自のノウハウが開発可能
フランチャイズ店の経営は、直営店から指示が下達され、その意向に従うものではありません。店舗の経営はほとんどが経営者の裁量に任せられるため、独自のノウハウを活かした経営戦略を打ち出すこともできます。例えば、売上アップのために周辺地域に向けたイベントを開くことや、割引きクーポン券を配るといった方法など、自分のアイディアを活かして店舗の売上をアップさせることもできるのです。もちろん、商品開発や接客マニュアル、広範囲の地域に向けたマス広告を改善するとなると、直営店からの了承なしに勝手に行なうことはできません。直営店が定めた最低限のルールは守りますが、それ以外であれば自由に経営ができるでしょう。

ブランド力が活用できるってすごいのです

フランチャイズ経営の最大のメリットは、直営店本部の看板を掲げることができるという点です。例えば、外食をするために飲食店を探す時、多くの人は味やサービス内容がよくわからない個人経営のお店よりも、どの店でも同じレベルのサービスを提供してくれるチェーン店を選ぶものです。有名チェーン店の看板が掲げられていれば、新規店でも多くの人が入店してくれるわけです。お店の経営で難関となるのが、知名度の低さゆえの顧客の少なさです。しかし、フランチャイズ経営な有名店の「ブランド」を始めから味方につけることができるので、新規開店時にもたくさんのお客さんがやってきてくれるでしょう。

フランチャイズ経営の成功談を見てみましょう

仕入先が確保されているのは助かります(40代/男性)

新しく飲食店を開くとなると、食材などをどこから仕入れるかが悩みどころ。安さのみで選ぶと、食材の味や品質が気になりますし、かといって高品質なものを選ぶと、高額なローンを背負った状態では厳しい状況となりますよね。フランチャイズ経営では、直営店の本部が仕入れを一括して請け負っているので、とても安い価格で食材を注文できます。開店するとなると、開店準備金以外にも、経営のためにたくさんの資本金が必要となります。しかし、私の場合はそれほど高い資本金もいらず、比較的安い出資金を支払うだけで自分のお店が持てました。こういった点がフランチャイズの利点でしょうね。

全くの未経験からのスタートでした(40代/男性)

一昨年、脱サラして飲食店を経営しようと決めたのですが、長年営業の仕事をしていたので、飲食店の経営は全くの素人。どうしたものか・・・と思っていた時に、目についたのがフランチャイズ経営です。フランチャイズ経営では、直営店の本部が独自に研修制度を行なっています。素人の私でしたが、本部で2ヶ月の間研修を積むことで、料理の腕だけでなく経営ノウハウなども身につけることができました。また、今では駅前のお店も繁盛しており、他店競争の激しい中、新たな経営戦略を打ち出そうと模索しています。

食文化が多様化していることから飲食業はおすすめです

飲食業を経営する場合、かつてであれば必ず「イートインスペース」が必要とされていました。そのため、お客さんが席について料理を食べることが当たり前という状況でした。しかし、安い費用で店を建てると客席が少ないため店の売上が伸びず、逆に大型店舗を構えるとその分負債が重くなる・・・といったジレンマが発生していたのです。しかし、フランチャイズ経営であれば、条件により加盟金や保証金を支払えば、店舗自体は直営店が建ててくれるため、こうしたジレンマの発生も起こりません。さらに、大手チェーン店なら固定客も多いため、経営もしやすいためおすすめできるのです。

開業資金の面からも見ても飲食業はおすすめ

女性

フランチャイズ経営では、パッケージ内容によって開業資金のタイプも変わってきますが、実は業種別でも開業に必要な資金は変わってくるのです。フランチャイズについての理解を深めるために、ここで業種別の相場について見ていきましょう。

業種別による開業資金の相場価格を紹介

飲食業

  • ファーストフード店:300~2,000万円
  • ラーメン店:200~500万円
  • 居酒屋:90~2,000万円
  • 弁当屋:100~3,000万円

小売業

  • コンビニ店:250~350万円
  • チケット・金券ショップ:200~400万円
  • 古本・CD・DVD販売:2,000~5,000万円
  • 各種買取店:350~620万円

サービス業

  • 塾および習いごと教室:50万円~
  • ハウスクリーニング業:160~200万円
  • クリーニング店:180~600万円
  • 便利屋:200~300万円

業種それぞれの特徴を知る

全体を見ると、相場として最も開業資金が安いのがサービス業です。そのためサービス業のほうがお得なのでは、と考える人も多いでしょうが、こうしたサービス業は時代のニーズや景気などの影響を強く受けるため、将来的な安定性が保証されていないのが懸念されます。大手のサービス業は、独自の経営戦略によってこうした問題に対処しています。しかし、新規参入者ですとこうした対応は難しいでしょう。飲食業であれば「美味しいものを食べたい」という一定のニーズを叶えることができるので、サービス業に比べれば安定性は高いといえます。店舗の規模で出資額は変化しますが、フランチャイズパッケージの内容によっては、少額からの出資によってお店を持つことができます。

フランチャイズパッケージの詳しい情報はこちら

【開業準備の第一歩】負担の少ない融資先を探す

お店の開業をするとなると、高額な資金を確保しなければなりません。開業のために昔からコツコツお金を貯金してきたという人でも、数百万から数千万近い費用が必要となる場合があります。ですので、簡単にお金を用意することは難しいでしょう。そこで多くの人が利用するのが、高額融資をしてくれる金融会社です。

負担の少ない借り入れ方法【新創業融資制度】

フランチャイズによって開業をする場合、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」と呼ばれる制度の利用がおすすめです。この制度は、新しく事業を行なう人を支援するため、国の政策金融機関が行なっています。融資が受けられる金額は自己資金のおよそ2倍。場合によっては9倍まで借りることができます。高額な融資を受けるとなると、気になるのが担保の問題です。しかし、この新創業融資制度では、原則的に無担保・無保証人で融資を受けられるので、融資を受けるにあたって非常に魅力的な制度なのです

新創業融資制度の詳細

金利
一昔前であれば、新創業融資制度の金利は3.5パーセント以上と安い金利額でしたが、最近ではさらに安くなり、基準利率が2.4パーセントとなりました。非常に安い金利で融資を受けられるでしょう。
融資限度額
融資限度額はおよそ3,000万円までです。しかし、誰でもこの限度額ギリギリまで借りることはできず、自己資金の額や融資審査によって融資額が決められます。また、3,000万円の限度額の中で、半分の1,500万円は運転資金として融資される金額なので、融資を受ける場合はそのあたりにも注意しましょう。

フランチャイズ本部と提携しているサポートローン

フランチャイズ本部の中には、特定の金融機関と専属契約を結んでいる場合があります。フランチャイズ契約を結ぶ際に、こうした金融機関から融資を受けることができるので、自分で融資先を探す必要はありません。低金利で借りることができる場合もあるため、負担なく資金の確保ができるでしょう。

幅広い資金使途で活用できる不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、土地や建物を担保に入れることで融資を受けられる、低金利の金融商品です。担保を用意しなければならないため、前述した新創業融資制度や提携サポートローンに比べて不利な商品だと考える人も多いでしょう。しかし、新創業融資制度やサポートローンは審査が厳しく融資を受けられない場合や、本部が金融会社と提携を結んでいないといった問題もあります。 しかし、不動産担保ローンは、審査を受ける人の信用だけでなく、担保の価値によって審査が行なわれるので、高額な土地や物件を担保にすれば比較的簡単に審査が受けられるでしょう。最大で30年近い長期での借入れも可能なほか、開業資金だけでなく運転資金などにも資金を使用できるので、融資金額を幅広い用途で活用できるのも魅力です。

不動産担保ローンの詳しい情報はこちら

TOPボタン